田舎は住む場所?行く場所? 旅をして感じた10の大切な気づき

key

http://travel.rakuten.co.jp/ranking/special/localtrain/

「田舎」は住む場所でしょうか、それとも行く場所でしょうか?

今回は、急きょ「プチ旅行」をしてきて感じた10のコトを書いてみようと思います。

田舎は住む場所?行く場所? 旅をして感じた10の大切な気づき

1.「田舎に住む」は結構あやうい、若者ならなおさら

田舎移住を多くの人は結構、夢みがちです。

ただ、僕は、やはり田舎は住むよりも赴くところだと感じました。

実際の住む、にはそれなりのハードルが生じます。

2.本気で田舎に滞在するなら、目的を決めるがよし

それ自体、沢山のネタを生み出すことは間違いない。リフレッシュにもなる。

都心部に帰る家をもちつつ、1週間くらい安く滞在などは◎

3.別荘は買わない、仲間で出しあって月1万くらいならかろうじて

別荘も夢見がち。でも、どうせそんなに行かない。笑

仲間で出し合って共同で所持するくらいなら◎

4.月に1回はふらっと行きたい場所に、プチ旅行すべし

「最近、旅、行ってないな〜」と思ったら即、行くべし。

多い少ないは個人の尺度。ちょうどよさを探るべし。

個人的には1ヶ月に1回は旅の予定をいれたい。旅から帰ってきたら次の予定を。

5.ひとり旅もいいが、おそらく2〜3日で限界が訪れる

1日なら余裕。ただ、次の日くらいから、寂しさログイン。

たとえ1人が好きでも、旅にはやはり愛する人間と一緒に行きたい。

この辺はもちろん自分のちょうどよい感覚を大切に。

6.一緒に行く相手は、やはり恋人 or 仲間が◎

気を使う相手はNG。意味がない。

旅やブログ仲間なら最高。気を使わずどこでもPCを広げられる。

7.なんだかんだ車が便利、レンタカー24h

もちろん安く行くなら、電車。

疲れたくないなら、車。1泊2日ならレンタカー24h5000円ちょいでもある。

運転の気疲れはあるけど。個人の尺度。

8.体とファッションが万全であることで、気持ち良さ段違い

健康体が大前提。そしてやはり、気持ちよさ最重視。

髪、顔、服、靴、かばん。機能や素材で選ぼう。

リュック、スニーカー大正義。

9.ネタは生まれるが、その場で仕事は難しい

ブロガーを生業にしたとはいえ、その場でガンガン書いてくのは難しい。

ちゃんと書くタイミングは確保しつつ、写真や言葉をたくさん撮りためておきたい。

10.旅での気づきに価値、莫大

普段日常で絶対に感じられない、人生の気づきを得られる。

居酒屋で飲んで、愚痴を言いあって朝まで過ごすくらいなら、

同じ金額で遠出して、温泉入ってホテルに泊まるほうが断然いい。

5000円〜1万円以内でできる旅プランなんていくらでもある。

まとめ

自発的に旅に出たくなったら、その衝動を大切にしましょう。

結局行かないなんて勿体なさすぎます。

そして、何を感じたのか、ぜひノートにでも起こしてみるといいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください