都内から1万円以下でいきなり行ける1泊2日の格安プチ旅行プラン!【鎌倉・湘南・江の島】

ふらっと夕方から旅がしたくなり、プチ旅行をしてきました!

GW、どこもいってなかったので…(´・ω・`)

というわけで今回は、都内から1万円以下でいきなり行ける1泊2日格安プランの紹介です。

1.行く場所を決める!

00000000191

画像元:http://www.navitime.co.jp/poi?spt=00020.A1802843

今回僕は湘南に行くことに。理由は、なんとなく海が見たかったので。笑
あまりに遠いと大変ですが、終電さえあれば、ホテルを確保すれば余裕でいけます。

電車で1〜2時間以内圏内が、”ふらっとプチ旅行”ではおすすめですね!

2.宿をとる!

宿は「じゃらん」などで料金を比較して決めましょう。

直前割などを活用すると安く、しかも意外と空いてるところもけっこうあります。

宿代の設定でその旅のコストが大きく変わるので、1人3000〜5000円くらい理想。
アプリなどで1度会員登録したら、2回目以降も記入せず済むので楽チンですよ。

というわけで、決めたらなら行くべし。予約してしまいましょう!

3.もう、行っちゃう!

宿をとったらもう、行くしかありません。笑

僕もソッコーで宿をとって、その足で新宿から電車で1時間ちょいかけて湘南へ。
普段は電車嫌いだけど、田舎へ行くときの電車はワクワクする。

フットワークが軽いということは、大切ですね。

4.到着!

1時間ちょいでつきますから、本当にあっという間です。

途中の風景を楽しみつつ、着いたらその場で澄んだ空気を味わえます。
とはいえここはもう田舎。少し東京から出てくるだけで、まるで別世界。笑
(僕がいったところは辻堂駅というところ)

パチンコ屋と銀行と葬儀場。あとはでかいショッピングモールが1つ。
海まで車で10分そこらなので、夏には大勢の観光客がくるんだろうけど。

とりあえず、地元のラーメン屋に行ったり散策して、チェックインまでの時間をつぶす。

あおさラーメンがうまかった。

5.チェックイン&風呂

ホテルに着いたら、近所で温泉に入ってゆったり。

記事を書いたりちょっとだけ仕事したりもいいですね。実にはかどります!
おやすみは25時くらいまでが理想。

6.起床&チェックアウト

目覚めは8時頃でした。

旅は、早く起きなきゃもったいない、という気持ちになれる。
起きたらチェックアウトギリギリまで、ホテルでのんびり。

朝はゆったり過ごすのが一番。

7.観光!

朝食をカフェで済ませ、その間に観光したい場所をネットでチェック。

決めたらそのまま電車移動。

あいにく雨でしたが、旅ではどんなハプニングも歓迎。
まぁ、このときばかりは、やはり車がいいなと思うけれど。笑

〜鎌倉〜

鎌倉駅から歩いて歩いて、神社に到着。
銭洗弁財天(宇賀福神社)という、お金を洗って金運をあげる神社です。

さらに山道を歩いているとリスと遭遇。かわいかった。
そしてやはり空気が違う。マイナスイオン大噴出。

そのあとも近場で2〜3時間くらい鎌倉観光めぐりをして、ちょっと遅めの昼ご飯。

おむすびとあんみつ。

〜江の島〜

そのまま江ノ電に乗ると、海沿いへいけます。
夕焼け空を眺めていれば、雑多なストレスなど吹っ飛びますね。

というわけで、湘南のホテルを出てから、鎌倉・江の島と堪能。
この辺はどれも車や電車ですぐの距離なので、おすすめです。

車などを使って少し遠くへ行けるなら、箱根なども十分圏内ですね。

8.帰路

極限までまったりとしたら、あとはそのまま電車で都心へ。
1時間そこら、しかも一本で帰れるのはやはり素晴らしいです。

というわけで1泊2日ふらっとプチ旅行でした!

かかったお金、8100円也。

<内訳>
ホテル3000
温泉500
夕飯・ラーメン650
朝食・カフェ500
昼飯・ランチ750
移動・電車往復1700
食料・水コンビニ500
現地買い物・お土産500

まとめ

またすぐにでも旅ができるように、削るべきところは削る意識は必要です。
ホテル代や現地での買い物(お土産)などでしょうか。

ただ、もちろん、ケチケチするだけが旅行ではありません。

思い出や経験というものには投資すべきですね。
出すべきとこは出して楽しみましょう!

ふとした思いつき、今この瞬間からでも、1万円以下でプチ旅行を堪能できますよ(๑˃̵ᴗ˂̵)و

ただし、明日が休みであるか、夜からの仕事であるということは条件に加えさせていただきます。笑

田舎は住む場所?行く場所? 旅をして感じた10の大切な気づき

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください