【男の美容】目の下のクマとほうれい線に悩みすぎて「PRP療法」を受けてみた感想!

タイトルの通り、目の下のクマとほうれい線に悩みすぎて「PRP療法」を受けてきました。

値段についてはまた別記事で書きます。

目の下のクマ・ほうれい線の「PRP療法」を受けた理由

受けた理由としては、やはり自家組織という安全性の高さと手軽な値段です。

そしてヒアルロン酸などに比べても効果が長く、結果的にコスパが良いのも決め手ですね。

このまま悩んで放置するよりは、今すぐにでも受けた方が良いと判断しました。

PRP注入の流れと経過について

受けた際の流れとしては、ヒアルロン酸などとあまり変わりません。

違いとしてはまず「採血」があり、その後15分ほど待機室で待ちます。

採血についてはよくある献血などと同じ感じですね。

そして実際に、目の下とほうれい線に針をさして注入されます。

その前に冷却があり、実際に注入してく流れ。

痛みについては別記事で書いておりますが、耐えられる範囲です。

注入直後〜当日

直後ですが、やはり話で聞いていたように、ふくらみが出ました。

人にこのまま会うのはちょっとやめた方がいいかなってレベルですね。

ヒアルロン酸などは内出血がなければ、メイクしてそのまま仕事も行けるレベルですが、
PRPだと人によっては少し心配なレベルなので、当日は予定を入れない方がいいかも。

注入後がピークで、1時間後にはかなり収まりました。

翌日

翌日になると、内出血はあるものの、化粧をすれば人に会えるレベルまで回復。

思っていたより早いです。

効果については1〜2週間かけてじわじわ現れるようなので、実感はあまりまだない状況。

・目の下のクマは、くぼみのような影が現時点で薄くなっている感じ

・ほうれい線は、まだ実感があまりない

といった感じ。

PRP療法を受けられるクリニック一覧

東京ヒルズクリニック(東京新宿)

もとび美容外科クリニック(東京新宿)名医

東京美容外科(東京赤坂・銀座・仙台・大阪・広島他 全国各地)

ガーデンクリニックの二重整形(池袋・品川・横浜・福岡・名古屋)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください