【2021年版】「PRP(多血小板血漿療法)」の値段比較・おすすめクリニック

PRP療法

今回は、「PRP(多血小板血漿療法)」という美容注入医療の価格比較・おすすめクリニック」について、まとめてみました。なおこちらの記事は、東京都内版です。

「PRPを受けるか迷っている方」「なるべく安くPRP治療を受けたいという方」は、是非参考にしてみてください!

 

多血小板血漿PRP療法について

PRPとは

・PRPは「療法」(多血小板血漿:たけっしょうばんけっしょう)の略
・血液の中の「血小板」を多く含んでいる。血小板は人間の体の中で血を止めたり、壊れた血管や細胞を治す働きをする
・血小板には「成長因子」と呼ばれる、体の細胞を元気にして若返らせる成分がある
・成長因子が放出されることでコラーゲンの生成や表皮の成長を促し、シワを改善する

PRPのメリット・効果

マリオネットラインやほうれい線などの軽いたるみに非常に効果的
効果が現れるまで1-2ヶ月程度かかる

PRPのデメリット・危険性

効果が出るまでが長い
2~3ヶ月に1回の頻度で、複数回施術が必要
しこりや膨らみの心配がある

1人1人の症状や年齢によって「配合比率・注入量・注入場所」を見極める力が必要。これを誤ると「期待していた以上の効果が得られなかった・膨らみすぎてしまった・しこりになってしまった」という失敗を引き起こしてしまう。 しっかりと効果を出すには、PRPの専門性と技術力の高い医師やクリニックを選ぶことが大切。

PRPの注意点

・妊娠の可能性のある方
・ガンの既往歴がある方
上記の人は治療できない場合がある

PRPとヒアルロン酸の比較

PRP:効果2〜3年
ヒアルロン酸:半年〜1年

自分のしわが、ヒアルロン酸と多血小板血漿PRPのどちらに向いているかわからない
→どちらの方法もメリット・デメリットがある

PRP:効果が現れるまでが長い
ヒアル:効果はすぐに実感できる

W-PRP療法と従来のPRP療法

W-PRP療法は、自分の血液から高濃縮した多血小板血漿(PRP)を抽出して治療部位に注入することで、皮膚の再生を促し、自然な若返りを実現する再生医療のひとつ。血液に含まれる血小板や白血球には傷などを修復する作用があり、本来の自然治癒力や組織再生力を利用して肌の再生を行います。

従来のPRP療法は、血液採取時の体調や年齢などにより効果が出にくいケースも見受けられた。そこで登場したのがW-PRP療法です。採血した血液から多血小板血漿(PRP)を抽出する段階で濃度を数倍に濃縮し、成長因子の効果をさらに引き上げる白血球を含ませる。これにより安定した治療効果とより満足度の高い治療を実現。

リジェンACR療法との違い

 

PRP療法を取り扱うクリニック

青山外苑前クリニック

<特徴>

女性専用クリニック
院長:野村智史
品質上PRPの保存はできず、1回で使いきり。

<価格>

マイセルACR、PRP(多血小板血漿)注射 1キット 部分:眼回り、額、ほうれい線などの部分的な治療 110000円
マイセルACR、PRP(多血小板血漿)注射 3キット 全顔 264000円

※当記事の価格表示は、全て両側 税込で統一しています。

 

青山エルクリニック

<特徴>

院長:杉野 宏子
15年以上のPRP実績有。
杉野院長考案のオリジナル法「リバイタル注射」がある。
頭皮へのPRPも有。

<価格>

PRP「マイセル」 (多血小板血漿) 注入治療
PRP2キット(3cc)198000円(税込)
PRP3キット(4.5cc)264000円(税込)

<その他>

予約の取りやすさは△(1週間後くらい)
最終18時、予約は16時まで

 

聖心美容クリニック

<特徴>
症例数がとにかく多い

<価格>

眉間 242000円
鼻下 242000円
ほうれい線 319000円
マリオネットライン
インディアンライン 319000円
目の下 319000円
目の上 319000円
こめかみ 319000円
額・首・頬(範囲による) 2cc 319000円  3cc 396000円  4cc 473000円
手の甲(範囲による) 4cc 473000円 +1cc追加 77000円

★複数部位セット(同日施術のみ)
(例) 目の下+ほうれい線 <目の下 290000円+ほうれい線 1cc140000円> 473000円

 

スキンクリニック (新宿院)

<特徴>

治療効果は1~2週間程度で現れ、約3ヶ月後に最大効果。
一度に治療できる制限は「PRP皮膚再生医療専用キット」2キット分まで。
同じ部位については 3ヶ月後に治療可能。

<価格>

★1部位集中治療
ほうれい線 198000円
眉間  242000円
鼻下 242000円
マリオネットライン 297000円
インディアンライン 297000円
目の下 297000円
目の上 297000円
こめかみ 297000円

★複数部位セット
額・首・頬など数か所  (例:目の下+ほうれい線)297000円  (3~4ヵ所)374000円  (全顔)440000円
手の甲 範囲による 330000円-440000円
全顔・広範囲 +1cc追加  77000円

 

東京美容医療クリニック 池袋

<特徴>

多血小板血漿(PRP)+成長因子
治療後3~6か月かけて効果があらわれ、3年~最長5年程度持続
院長:高 尚威

<価格>

プレミアムPRP 1キット (1-2部位)  110000円

<その他>

電話対応◎、予約の取りやすさ◎(即日や2日後で予約できた)

 

東京美容外科

<特徴>

プレミアムPRP(成長因子 + 多血小板血漿)
1回の治療で自己治癒力で肌の状態を改善させ、半年~1年程度効果
麻生統括院長の施術料金は、通常料金より20%アップ

<価格>

★プレミアムPRP
1本 77000円

★PRP水光注射
顔全体 or 首 1回 66000円
目の下 1回 33000円
顔全体 + 首 1回 88000円
手の甲 1回 33000円

<その他>

予約の取りやすさ△(1週間後くらい)
電話待ちの長さや対応 ×

 

ヴェリテクリニック

<特徴>

1~3年でPRPは吸収されるが、吸収後も肌再生が穏やかに続く。
通常は注射器を用いてPRPを患部に注入するが、「ダーマペン(マイクロペン)」や「水光注射」を使うことで、より相乗効果を持たせて注入することができる。

<価格>

PRP療法 (通常の容器で抽出) 約2倍の濃縮率 49500円
高濃度プレミアムPRP療法(YCELLBIO PRP KITで抽出) 約7~9倍の濃縮率 77000円

高濃度プレミアムPRP 77000円
PRP(1箇所)2cc 49500円
PRP(顔全体)4cc~ 132000円
PRP(成長因子を追加の場合) +22000円

 

有楽町高野美容クリニック

<特徴>

3年程度は効果が持続。
院長:高野邦雄

<価格>

プレミアムPRP 適応部位: 目の下のクマ、法令線、額など 1キット143000円~  2キット242000円~
麻酔代5500円

 

加藤クリニック

<特徴>

効果が1年以上持続することが多い(個人差有)
一度作成したPRPは3ヶ月保存可能、1回の採血で複数回の投与が可能

<価格>

5ccまで 206250円

 

N Beauty Clinic GINZA

<特徴>

YouTubeに解説動画もあり
1か月に1回を3回程度で、改善が見られる事が多い
医師:米澤 昂(たかし)

<価格>

・2cc(直接注入) 33000円
・PRP水光注射(顔全体/首/手の甲/各)  1回43780円 3回121000円 5回198000円
・ヴァンパイアフェイシャル(PRPダーマペン)(顔全体/首/手の甲/各)  43780円 3回121000円  5回198000円

<その他>

★PRP水光注射と手打ちのPRP注入の比較

自身の血液から血小板を濃縮して採取し、肌を若返らせ再生させたい所へ注入する点は変わらない。PRPを浅く広範囲へ注入できるため、顔全体の浅いシワやたるみ、ちりめんジワなどを改善させることが出来る。また直後から潤い感UP。
目の下の青グマ、まぶたの凹み、ちりめんジワの1本1本に集中して注入希望の場合、手打ちのPRP(多血小板血漿)注入がお勧め。

 

PRPの価格比較表

クリニック PRP種類 税込価格
N Beautyクリニック 2cc(直接注入) 33000円
加藤クリニック麻布 5cc 206250円
有楽町高野美容クリニック プレミアムPRP 2キット 242000円
ヴェリテクリニック プレミアムPRP 77000円
東京美容外科 プレミアムPRP 1本 77000円
東京美容医療クリニック プレミアムPRP 1キット (1-2部位) 110000円
スキンクリニック 1部位 198000円~
青山外苑前クリニック 3キット 264000円(全顔)
青山エルクリニック 3キット(4.5cc) 264000円
聖心美容クリニック プレミアムPRP 1部位 220000円~

※2021年8月時点

 

PRPのオススメクリニックは?

安いから良いというわけではない。
医師の経歴や症例数・PRPの内容・院長施術かどうかなどをしっかり確認することが重要。

院長施術は絶対条件

経験のあるドクターにやってもらうのはマスト。
これは事前に必ず確認しておきたい。

PRPの濃度も大事

何度も打つことになるのはリスクも高くなるだろうし、単純に手間。
1回でしっかり効果が出るものを選んでいくべき。

症例数や経歴を見る

症例数は載ってないとこが多いから、比較が難しいけど。
そもそもPRPが向いてない可能性もある。ヒアルロン酸のが良いとか。
PRPはナチュラルな効果が長く続くイメージなので、比較的若い人向けかも。
ちゃんと比較した上で、提案してくれる医師を選ぶのが大事。

値段で選ぶなら?

・N Beautyクリニック GINZA
・東京美容外科

ドクターや症例数で選ぶなら?

・青山エルクリニック
・聖心美容クリニック
・有楽町高野美容クリニック
・ヴェリテクリニック

 

参考記事

【東京】PRP皮膚再生療法のおすすめ美容外科9選!名医・口コミ・費用も紹介

 

PRPで知りたいこと・質問集

ベルベットスキンしてもすぐできるのか
他施術との併用期間は?

水光注射との併用について
ベルベットスキンとどれくらい開けるべきなのか?

ヴァンパイアフェイシャル(ダーマペン+PRP)はどうなのか?

PRPをしてからヒアルロン酸注入をできるのか。
また、ヒアルをしてるところにPRPできるのか?併用について

PRPで思ったようにならなかったら、どうする?
元に戻す薬はない、足すことしかできないのか

1キット、1本、1ccの単位について
1キットは1.5ccで合ってる?1本は何cc?

◎電話で聞くべきこと
PRPの種類、1本単位何ccか、院長施術かどうか

 

PRP注入医療について、自分が思うこと

ほうれい線、鼻の溝、目周りのクマや凹みをなんとかすべくヒアルロン酸を打っているが、「1年しか持たないものを10万の維持費で打ちまくるってどうなん?」って思っていた。しかも良くなるとは限らない。実際、変になったこともあった。

それに複数箇所打つのであれば、1年くらいしか持たないボリューマなどで1回で30万円とかになる。
ヒアルロン酸だけで年間維持費が30万円で、他にもやるべき施術があるのであれば金額的な負担はかなり大きい。

PRPは効果3年で20万くらいならまだ良心的だし、効果が永続するケースもあるのは良い。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください