整形後、気持ちよく友人や家族と向き合うための3つのアドバイス

seikei2

最初に、これは非常にアクの強い記事ですので、必要なさそうな方はスルーしてお戻り下さい。

せっかくキレイになって人生をより明るくするために整形するのに、整形後に家族や友人、職場の人間と気まずくなってしまうのはとてももったいないですよね。本末転倒とも言えます。

ですから整形後に気持ち良く暮らしていくためのアドバイスとして、私の体験から3つほどお話していこうと思います。

整形後、気持ちよく友人や家族と向き合うための3つのアドバイス

1.理由を持っておく

美容整形によってかなり容姿が変貌する場合、周囲の人に対して説明のつくそれなりの理由は持っておきましょう。それで相手が納得してくれるかは分かりませんが、理由があるのとないのでは人の納得度が変わります

ですから、作り話でもいいのでいくつか理由を考えておきましょう。 整形自体を隠し通したいなら事故や病気を使う人もいます。いっそ認めてしまうなら「目が開きづらくて手術を勧められた」、「鼻が曲がってるからやったほうがいいよって言われた」、正直に「コンプレックスだったから」などのように、要するに自分がそれを突き通せれば何でも良いんです。大抵の相手はそれで「そっか〜。」って引きます。

それでも、事あるごとにほじくってくる奴や茶化してくる奴というのは、必ず1人はいると思っておきましょう。大事なのはその時に気にしたりムキになって反応しないことです。

むしろあっさりと「整形したかったからしたんだよねー」くらいの感じであっけらかんとしてると、相手は面白くなくてあんまり触れてこなくなったり、「実は私もやりたくて・・・」なんて相談を受けたりするパターンすらあります。笑

逆に何もそういう言葉を交わさないまま容姿が変貌しているとしたら、相手からするとかなりモヤモヤするのは想像に難くないと思います。触れていいのか分からない”腫れ物状態”にしておくのは自分自身も気持ち良くないと思うのでオススメできません。

2.シミュレーションしておく

「あれ、整形した!?」「え、顔違くない?」

こういう質問は必ず飛んでくると思っておきましょう。上記の「理由を持っておく。」でも書きましたが、茶化してきたり何かある度にいちいち触れてくる奴というのは、間違いなく1人はいます。なんならグループ全員で総攻撃してくる場合もありますね。誰もしてこなければ大して変化がないかラッキーかどっちかです。笑

それはある意味仕方ないんですよ。冷静に考えれば、整形して顔や体が変わるのですから、当然の質問なわけです。自分からわざわざ言うことではありませんが、バレる前提で色々とシミュレーションしておくのは大事です。ネタにする感じでいくのか、あっさりと認めるのか、病気や怪我で仕方なくという感じにするのか、やってないと突き通すのか、そのスタンスはご自身が決めれば良いと思います。

オススメは正直な理由を話して、ネタにしてしまうことですね。そのほうが自分的にも気持ちが良いと思いますし、別に相手からしたらそんなに大したことじゃないってことが意外と多いです。

3.カミングアウトする

誰にも言わないのはそれはそれで辛いので、本当に信頼できる人にはあらかじめ言ってしまうと良いでしょう。事後報告で「実は・・・」でも良いと思います。

「整形したことは絶対誰にも言いたくない!」という人も結構いると思いますが、思い切って言ってしまうと、気持ちがかなり楽になります。

とにかく、整形した自分に後ろめたさを持つことだけが問題なのです。そんなことで卑屈になったり自己評価を下げる必要は一切ありません。勿体ないですから、堂々としておきましょう。

ごくたまに、全身整形などをして「周り全員と縁を切って新しい自分を始めるんだ!」って言う人がいます。最初は開放感に満ち溢れるかもしれませんが、たいてい数年が限度ですし、それって結局自分自身苦しむだけです。どこかで今までの人とは繋がっているし、その全てと縁を切るなんて無理な話です。

キレイになりたいからなった。それでいいじゃないですか。

まとめ

美容整形には偏見がつきものです。

元来人というのは好き勝手にアレコレ言う生き物ですし、自分だって逆の立場ならきっと言いたくなるのですからおあいこです。皆、人の噂って大好きなんですよ。芸能人の卒アル画像とか整形したとかどうとかって、世間は大好物で格好の餌食です。

ただ大事なのは、それに負けないくらいの意志と覚悟を自分が持っておくことです。

見栄えを良くするということはいつだって自己満足の世界で、自分自身がプロデュースするしかないのです。ただその投資が気持ち良く生きられる自分を得るためであれば、さっさとやってしまうほうが、後悔のない楽しい人生を生きられると私は思います。

多くの芸能人だってモデルだって、皆うまくやってます。さすがに世間に公言してしまうのはまだまだ度胸がいると思いますが、仲の良い人にまで隠し通す必要はないと私は思います。

それでも不安な方、絶対誰にも言いたくないという方も沢山居ると思います。それだって間違いじゃありません。とにかく自分のやりたいように思いっきりやってみれば良いんです。私にできるのはその背中を押してあげることくらいですが、できれば整形した結果、気持ち良く生きられる道を選んでほしいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください