日本人が海外に行く際に気をつけるべき3つのこと

天候も暖かくなり夏に向けてこれから海外旅行に行く人が増えてくるのではないでしょうか?海外転勤が命じられた人や秋の入学に向けて留学する人もいると思います。

そこで、海外に行く際に気をつけること、事前に注意すべきもの、現地で気をつけることを何点か述べたいと思います。

これを知っているか知らないかでは、いざというときに慌てず冷静に対処できると思います。すでに知っている人も改めて見直すことで今後の旅行をより楽しめると思いますよ!

日本人が海外に行く際に気をつけるべきこと

1.出発前に海外旅行傷害保険に必ず入る

13.日本人が海外に行く際に気をつけるべきこと_htm_m78617bad

代理店を通してツアーを申し込むと傷害保険の加入を勧められますが、自分で航空券を手配する人は自分で保険に加入しなくてはなりません。他にも海外インターシップや、海外ボランティアに参加したいと考えている人は必ず加入してください。

クレジットカードにも不帯保険がついていますが、不十分です。もしもの事を考えて保管の加入は絶対にお勧めします。基本的に、保険というものはかけ捨てなので「そんなの必要ない」「絶対大丈夫だからお金がもったいない」と思っている人もいるかと思います。

しかし“なにかが起こってから”では遅いのです。日本とは環境の違う土地で、もしも事故に巻き込まれたり、急な体調不良で病院に行くことになったりしたならば自腹では払うことが難しいほどの請求がくるかもしれません。そうなってからでは、もうなにも対処ができません。

「もったいない」と思うよりもまず何かあったときのための“安心”を取るほうが大事だということを忘れてはいけません。

2.パスポートクレジットカードなどはすべてコピーしておくこと

13.日本人が海外に行く際に気をつけるべきこと_htm_227680dc

めんどくさいからといってパスポートをコピーせずに旅行に行っていませんか?盗まれてからでは遅いです。パスポートを盗まれた場合、現地の日本大使館に出向いて手続きをします。そのときにもしもコピーがなければ手続きに手間がかかり時間がかかってしまいます。

せっかくの旅行の計画が台無しになってしまいますよ。友人がスリ大国イタリアに旅行に行ったときに案の定スリにあいました。前もってパスポートコピーを持っていたのにもかかわらず、それらを一緒の袋に入れてカバンに入れていたのです。

スリをした人はその袋ごと全てを奪っていったので、結局コピーしたのにもかかわらず意味がなくなってしまったみたいです。ですから、パスポートとコピーを持ち歩くときは一緒にまとめるのではなくて別々に持つようにしてください。

3.タクシーは政府の認可を受けているもののみ使う

13.日本人が海外に行く際に気をつけるべきこと_htm_m1462fcf1

タクシーを利用するときは必ずタクシー乗り場から乗って下さい。お小遣い稼ぎでタクシー運転をやっている人もいるので、そういう人たちは普通のタクシーの倍の値段を提示したりします。

必ずタクシーに乗る際にはメーターがあるかどうか確認してからのるようにして下さい。タクシーの捕まらない時間によってはリムジンタクシーなど見た目ではタクシーと分からない車も走っていることがあります。

そういう場合もよく知らないのであれば、「NO」といって無視してください。決して自分が信用できないものは近づかないようにしましょう。

まとめ

海外旅行で、知らない人に連れて行かれて暴行にあった等というニュースをよく耳にします。海外旅行は楽しいことばかりとは限りません。

いつどこで何が起こるのか誰もわからないのです。初めて海外旅行に行く人もそうでない人も、現実から離れて海外に遊びに行くことはわくわくして楽しいことですよね。

だからといって羽目をはずしすぎて大変なトラブルに巻き込まれないように注意しなくてはいけません。知らない土地に行くときは「自分の身を守れるのは自分だけ」ということを肝に銘じておかなければいけないのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください